国内法の拡張的適用を制約する判断枠組みについての一考察―米国の外国腐敗行為法(FCPA)の実践を素材として―

書誌事項

タイトル
国内法の拡張的適用を制約する判断枠組みについての一考察―米国の外国腐敗行為法(FCPA)の実践を素材として―
著者
竹内真理

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010286980761823104
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN

問題の指摘

ページトップへ