[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

大学生のストレス、ストレッサー、対処方略─大学生と短期大学生の学年比較─

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • Stresses, stressors, and coping styles of university students: a comparison of 4-years course students with 2-years course students

Search this article

Abstract

本研究の目的は,大学生と短大生が感じているストレスを測り,学年ごとに様々な視点から比較し,大学生と短大生でどのくらいストレスを感じているのか,どのようなストレッサーにストレスを感じるのか,対処法,ストレスの考え方と捉え方の違いを検討することであった.そのため,大学生316名,短大生229名を調査対象として,自己評価質問紙形式の調査を行った.調査用紙はストレス反応尺度,ストレッサー尺度,コーピング尺度,認知的評価尺度から構成された.各尺度の平均得点を算出し,大学生と短大生の違い,学年間の違いなどを比較した.その結果,大学生と短大生ではストレス反応やストレッサー,コーピングなどの様相が異なることが示された.また,大学4年生はコーピング尺度や認知的評価尺度で他の学年よりも得点が高く,学年が上がることで学生生活の中でストレスのコントロールや対処を行えるようになる傾向が示唆された.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top