[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

感覚運動情報統合モデルを用いたヒューマノイドの全身リーチング姿勢の生成

Bibliographic Information

Other Title
  • カンカク ウンドウ ジョウホウ トウゴウ モデル オ モチイタ ヒューマノイド ノ ゼンシン リーチング シセイ ノ セイセイ
  • Posture generation of a humanoid in whole body reaching movement using an integration model of sensory motor information

Search this article

Abstract

本研究ではニューラルネットワークを用いて,ヒューマノイドの全身リーチング動作姿勢を生成する.リーチングに必要な情報を各種センサと関節角度の情報統合によって獲得する.我々は全身リーチング動作を「腕のリーチング動作」と「リーチング時の体幹姿勢の決定」の2つの段階に分け,それぞれに対してネットワークを構築する.2つのネットワークは,はじめに個別に学習を行って入力情報を統合する.このとき入力情報の特徴量が一部のニューロンに抽出される.十分学習させた後,2つのネットワークを結合させ,緩和計算によって全身リーチング姿勢を生成する.リーチング姿勢には冗長性の問題があるが,このモデルでは学習時に抽出された特徴量を利用しタスクに応じて適切な姿勢を生成することができる.We propose a method to integrate sensory and motor information of a humanoid in whole body reaching movements using a neural network. We divide a whole body reaching movement into an arm reaching task and a body posture task, and construct neural models for each task. Network operation consists of a learning phase and a posture generation phase. In the learning phase, each network model integrates sensory and motor information by feature extraction from input information. In the posture generation phase, two networks are combined, and the most suitable configuration of body joints corresponding to some criteria is obtained by a relaxation computation of the network.

identifier:http://ci.nii.ac.jp/naid/110009546300/

identifier:http://hdl.handle.net/2237/23626

Journal

Citations (0)*help

See more

References(5)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top