[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

先例拘束についての一考察―アメリカにおける先例拘束理論の歴史的形成―

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • センレイ コウソク ニ ツイテ ノ イチ コウサツ : アメリカ ニ オケル センレイ コウソク リロン ノ レキシテキ ケイセイ

Search this article

Abstract

本稿においては、先例拘束の国とされるアメリカにおいても、先例変更がかなり行なわれている点に着目し、その問題点を検討した。まず、先例変更がもたらすメリット・デメリットを指摘し、次に、先例拘束を根拠づける理論がいかに形成されてきたかに関して歴史的にフォローした。「法宣言説」や「議会沈黙論」に触れた後に、社会等の変化に対応するために先例変更も認められるようになってきたが、先例を信頼した当事者に対する不意打ちを避ける必要があることが強く認識されるようになった。そこで、「区別」等による先例への漸進的浸食の意義と将来効判決の必要性を指摘した。

Journal

Details

Report a problem

Back to top