[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

差分法のベクトル計算

Bibliographic Information

Other Title
  • Vectorization of Finite - Difference Method

Search this article

Abstract

差分法は 原子力分野の計算の一つである中性子の拡散と輸送問題において 楕円型偏微分方程式の数値解を得るために使用されてきた。この方面の大型原子力計算コード(プログラム)では 大部分の計算時間が差分近似に基づく計算に費される。そこで 差分計算が 最近のスーパーコンピュータを用いたベクトル計算によって高速化されることが望まれる.本論文では 差分法のベクトル計算解法について FACOM230-75APUを用いて計算時間の比較を行った結果について示す.1次元問題では3対角連立方程式のベクトル計算用新解法を比較 多次元問題では 反復解法の計算時間を 係数の優対角性およびベクトル化手法の違いにより比較する.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Keywords

Details

Report a problem

Back to top