【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

仮想マシンネットワークによる継続的なクラッキング防衛演習環境の開発(エンタテインメントを活用した学習環境/一般)

書誌事項

タイトル別名
  • 仮想マシンネットワークによる継続的なクラッキング防衛演習環境の開発
  • カソウ マシン ネットワーク ニ ヨル ケイゾクテキ ナ クラッキング ボウエイ エンシュウ カンキョウ ノ カイハツ
  • An exercise environment for defense against cracking based on a virtual machine network

この論文をさがす

抄録

ネットワークセキュリティの問題が深刻化している中で,セキュリティ人材育成の重要性が高まっている.セキュリティ知識を持った人材を育成するために,様々なセキュリティ学習が行われている.しかし,攻撃を体験するための演習においては,学習者が攻撃方法まで学んでしまうという倫理的問題,安定的に演習を行うための演習環境を構築することが困難であるという問題が指摘されている.本研究においては,我々が開発を行ってきたネットワーク管理者育成支援システム「Linux Network Simulator (LiNeS)」において,遠隔演習環境の実現と攻撃を自動的に行う演習用クラッカー機能の開発を行い,防衛方法のみを安定的に学べる演習環境を実現した.Recently, computer networks including the internet are one of the most important infrastructures of society. Therefore network security problems must be taken seriously. To improve knowledge of security, there are various forms of security education. Exercises for network security have an advantage in experiencing attacks. However, there is an ethical problem that students learn not only the method of defense against cracking but also the method of attacking. In this research, to compensate for these problems, we developed an exercising environment for defense against cracking. By building a high-performance machine running a virtual machine network and a remotely accessible environment, we created an environment that learners can exercise for network security easily. We used a support system for network administrator education, Linux Network Simulator (LiNeS), as a basic technology for virtual machine network. In addition, we developed a function for generating automatic cracking. To realize such exercising environment, learners can exercise only for the method of defense against cracking in practice.

identifier:http://ci.nii.ac.jp/naid/110008689228/

identifier:http://hdl.handle.net/2237/23542

収録刊行物

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (11)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ