[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

リアルタイム顔・視線計測システムの開発と知的インタフェースへの応用

Bibliographic Information

Other Title
  • リアルタイム カオ シセン ケイソク システム ノ カイハツ ト チテキ インタフェース エ ノ オウヨウ
  • Development of Real-time Face and Gaze Measurement System and Its Application to Intelligent Interfaces

Search this article

Abstract

相手が何を見ているか,どのくらいの時間見ているか,どんな表情をしているか,など視線をはじめ顔から得られる情報は,人間同士のコミュニケーションにおいてもノンバーバルな情報として非常に重要な役割を果たしている.これらのノンバーバルな情報を簡単かつ精度良く計測することができれば,ユーザの「意図」や「感情」といったものをコンピュータが理解することにつながる.これによりユーザの負担を軽減することができれば,「気が利く」知的なインタフェースを持つ機器が実現できるであろう.我々はこれまでに顔の動きや視線をリアルタイムに計測する技術を開発してきた.本稿では,その計測システムの開発およびそれを応用して構築した知的なインタフェースについて述べる.

The information obtained by observing a face of a person (e.g., what the person is looking at, how long, with what expression...) plays an important role as non-verbal information in human-human communication. If a computer system is capable of measuring such non-verbal information, it will be useful for the system to recognize the intention and the emotion of its user. This will reduce the burden of the user, which will eventually lead to realizing attentive interfaces. In this paper, novel intelligent computer interfaces are described, which are based on our face measurement system for facial motion and gaze direction.

Journal

Citations (9)*help

See more

References(27)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top