【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

消費者調査に基づく電子書籍に対する意識の分析と利用促進策

書誌事項

タイトル別名
  • Analysis of Consumer Awareness of E-books and Strategies for Accelerating E-book Usage based on a Consumer Survey

この論文をさがす

抄録

電子書籍は保管場所を取らない,可搬性が高い,入手が容易,品切れがないなど多くの利点を持つ.電子書籍市場は拡大しているが,普及率はまだ低い.そこで本研究の目的は,消費者の電子書籍に対する意識や行動を分析し,消費者の視点から電子書籍関連事業者らに向けた電子書籍利用促進策を提案することである.そのため,まず消費者の電子書籍やインターネット,買い物などに対する意識や行動について7つの仮説を設けた.次に,消費者調査を実施し,得られたデータに基づいて仮説を検証した.また,電子書籍やインターネット利用に対して消費者が持つ潜在意識(因子)を7つ抽出し,それらと電子書籍利用意向(利用したい度合い)間の因果関係を構造方程式モデリングによりモデル化した電子書籍利用意向モデルを構築し,分析した.その結果,(1)電子書籍利用者は非利用者よりも電子書籍の長所を高く評価していること,(2)消費者が利用したいとする電子書籍端末や電子書籍コンテンツが必ずしも利用されていないこと,(3)紙の書籍を愛好する人ほど電子書籍への不安・抵抗感が強いこと,(4)よくネットで購買する人ほど電子書籍の利用意向が強いこと,などが明らかになった.最後に,これらの分析により判明した事項に対応した電子書籍利用促進策をまとめた.

An electronic book or e-book has many advantages such as almost unlimited storage, high portability, and easy accessibility. Though the e-book market is expanding, the diffusion rate is still low. Our research objective is to offer strategies to e-book industry participants such as e-book equipment manufacturers, publishers, e-bookstores, and authors for accelerating e-book adoption by consumers. Accordingly, we construct seven hypotheses about consumers' use and awareness of books, e-books, social networking services (SNS), and online shopping. Subsequently, we administer a survey and verify the hypotheses by analyzing consumer responses. Using factor analysis and structural equation modeling (SEM), we propose an e-book usage intention model with seven-factors on the advantages/disadvantages of e-books, and shopping behaviors. The model accounts for the relationship among the seven factors and consumers' e-book usage intentions. Our results indicate the followings: (1) e-book users place a higher value on the advantages of an e-book, (2) consumers do not read as many e-books as they would like, (3) respondents who love paper books are more resistant to e-books, (4) online shoppers prefer e-books. Finally, we suggest strategies to accelerate e-book usage based on the verified hypotheses and the e-book usage intention model.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050845762835782144
  • NII論文ID
    110009843057
  • NII書誌ID
    AN00116647
  • ISSN
    18827764
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1001/00106970/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • IRDB
    • CiNii Articles
    • KAKEN

問題の指摘

ページトップへ