[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

三次元部分形状結合のための位置姿勢計測法

Bibliographic Information

Other Title
  • 3ジゲン ブブン ケイジョウ ケツゴウ ノ タメノ イチ シセイ ケイソクホウ
  • Position and Posture Measurement of 3D Partial Shapes for Their Combination

Search this article

Abstract

文化財の電子化保存などにおいて,実物体から詳細な部分形状を取得し,それらを結合して全体構造を復元するために,仮想マーカ位置姿勢計測法と呼ぶ高精度部分形状位置姿勢計測法を提案する.本方式は,高精度アクティブステレオ方式可搬型三次元形状計測装置で取得した部分形状の位置姿勢を形状取得と同時に計測して結合する.これは,交差レーザスリット投射器から被計測空間内の任意物体上に投射した複数のスリット交点座標を形状計測装置の機能により計測し,スリット交点と形状計測装置座標原点で構成される複数の三角形を交差レーザスリット投射器の投影ベクトルに当てはめて透視3点問題を解くことにより位置姿勢を求める方式である.形状計測装置に位置姿勢計測用マーカなどを取り付けた従来の計測法に比べて,形状と姿勢が可変の大型三角形による位置姿勢推定ができるので,計測精度と形状計測装置の設置自由度が向上し,広範囲の空間における部分形状の高精度結合が可能になる.

Journal

Citations (1)*help

See more

References(19)*help

See more

Details

Report a problem

Back to top