【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

遅発性に認められたS‐カルボキシメチル‐L‐システイン(ムコダイン)による固定薬疹の1例

書誌事項

タイトル別名
  • Delayed Fixed Drug Eruption Caused by S-Carboxymethyl-L-Cysteine (Mucodyne): A Case Report
  • 症例 遅発性に認められたS-カルボキシメチル-L-システイン(ムコダイン)による固定薬疹の1例
  • ショウレイ チハツセイ ニ ミトメラレタ S-カルボキシメチル-L-システイン(ムコダイン)ニ ヨル コテイヤクシン ノ 1レイ

この論文をさがす

抄録

症例は40歳の女性。5ヵ月前耳鼻科より処方されたリゾチーム塩酸塩,S-カルボキシメチル-L-システイン(SCMLC,商品名ムコダイン®),デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(メジコン®)を内服し,2日後に上口唇のそう痒,ピリピリ感が出現した。2010年3月当科を受診した。初診時上口唇に色素沈着性の爪甲大の局面を認めた。固定薬疹を疑い,各薬剤について1週間に1剤の内服誘発テストを施行した。SCMLC内服3日後に色素沈着部のそう痒,紅斑を認め,陽性と判定した。SCMLCの薬疹を疑った場合,遅発性となる可能性を考慮し,内服誘発テストを施行する必要があると考える。

収録刊行物

  • 西日本皮膚科

    西日本皮膚科 73 (6), 598-600, 2011

    日本皮膚科学会西部支部

参考文献 (3)*注記

もっと見る

キーワード

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ