【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

就学前時のひらがな書字習得に必要な認知機能の精査

  • 川崎 聡大
    岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学 岡山大学附属病院 医療技術部 リハビリテーション部門 国立病院機構徳島病院 徳島病院臨床研究部
  • 杉下 周平
    国立病院機構徳島病院 リハビリテーション科
  • 福島 邦博
    岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
  • 新川 里佳
    岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
  • 新城 温子
    岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
  • 片岡 祐子
    岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
  • 児山 昭江
    旭川荘療育園訓練科
  • 西崎 和則
    岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学

書誌事項

タイトル別名
  • Evaluation of cognitive abilities required for kana-reading/ writing in preschool children.
  • Application as a screening test for developmental dyslexia in preschool children
  • 発達性読み書き障害児の就学前介入を目的とした評価試案

この論文をさがす

抄録

言語習得期前難聴児が示す言語発達の経過は非常に多様であり,聴能訓練が順調に推移した症例が必ずしも良好な経過をたどるとは限らない。難聴児における学習障害の合併率は10%前後と報告されており,その中核症状である発達性dyslexiaが存在すると,難聴児の言語発達には大きな影響を受ける。しかし学齢期の前にスクリーニングすることはきわめて困難であり,難聴要因を加味して検討することはさらに困難である。今回学齢前児37名を対象として,読み書きに必要な認知能力の精査を行った。実施した検査はレイベン色彩マトリックス検査SetA(RCPM),言語発達遅滞検査(S-S法),ベントン視覚記銘力検査,音韻認識処理課題,かな一文字の書字及び読字課題を実施した。結果,(1)S-SやRCPMはカットオフの指標として有用である。(2)かな読字は月齢と相関しない。書字は月齢60カ月を境に急速に達成可能となる傾向が明らかとなった。

収録刊行物

被引用文献 (2)*注記

もっと見る

参考文献 (10)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ