【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

青森県内に展開した臨時観測点で観測された2011年東北地方太平洋沖地震の地震動

書誌事項

タイトル別名
  • STRONG GROUND MOTIONS OBSERVED AT TEMPORARL STATIONS IN AOMORI PREFECTURE DURING THE 2011 OFF THE PACIFIC COAST OF TOHOKU EARTHQUAKE

抄録

著者らは各々特定の目的をもって青森県内に臨時地震観測点を展開している。2011年東北地方太平洋沖地震の際には、4地域にあった6台の強震計で地震動記録が得られた。それらの記録は、最も大きい最大加速度が167cm/s2、計測震度相当値で5.0とそれほど強いものではなかった。しかしながら、各地域毎に異なる様相を示す記録が得られ、設置目的にかなうものであった。本報告では、東北地方太平洋沖地震の記録を紹介するとともに、著者らが推定した観測地点の地下構造や、観測目的に関連した事項を記す。

収録刊行物

参考文献 (3)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ