【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

暗算処理における反転問題の表象構造

書誌事項

タイトル別名
  • Representation Structure of Commutative Problems in Mental Arithmetic
  • 暗算処理における反転問題の表象構造--プライミング技法を用いての検討
  • アンザン ショリ ニ オケル ハンテン モンダイ ノ ヒョウショウ コウゾウ プライミング ギホウ オ モチイテ ノ ケントウ
  • A Priming Paradigm
  • プライミング技法を用いての検討

この論文をさがす

抄録

本研究では, プライミング技法を用いて, 暗算における反転問題の表象構造を検討した。産出課題と真偽判定課題による実験の結果, a×bの解決に先立ち, 演算数の位置と順序の一致するa×?のプライムか提示された場合か最も反応時間か短かった。また, 順序のみ一致する?×aと位置のみ一致する?× bのプライムが提示された場合, どちらも一致しないb×?のプライムか提示された場合よりも反応時間か短かった。全体的に, 順序の効果は位置よりも大きかった。これらの結果から, 反転問題の表象は独立であり, その独立性は演算数の位置と順序の双方により区分されており, 特に順序か重要であることか明らかになった。

収録刊行物

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ