[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

An Analytical Method for Trace Levels of Hexavalent Chromium in Stack Gas using Ion Chromatography

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • 廃棄物焼却施設からの排煙に含まれる六価クロムの測定

Abstract

六価クロムは特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)の対象物質であり,その集計結果より,六価クロムを含む廃棄物が廃棄物焼却施設に運ばれていることが明らかとなっている。しかし,排ガス中に含まれる微量の六価クロムの測定法が十分に開発されていなため,廃棄物焼却処理施設からの排ガスに含まれる六価クロムの報告例は少ない。六価クロムは大気汚染防止法において優先取組物質に指定されている発がん性物質の一つであることを考えると,廃棄物焼却施設からの排ガスを通した六価クロムの環境排出量の把握が重要である。そのため,排ガス中の六価クロムの適切な測定法の開発が求められている。本研究では、従来の1,5-ジフェニルカルボヒドラジドによるポストカラム誘導体化を用いたイオンクロマトグラフィーによる分析法を改良することで,六価クロムの分析方法の定量下限値の低減を試みた。

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

  • CRID
    1390001205589669248
  • NII Article ID
    130005250781
  • DOI
    10.14912/jsmcwm.27.0_507
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles

Report a problem

Back to top