【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

イサム・ノグチのコネティカット・ゼネラル生命保険会社庭園とユネスコ本部の庭園

書誌事項

タイトル別名
  • Isamu Noguchi's Garden Projects, Gardens of Connecticut General Insurance Company and Gardens for UNESCO
  • イサム ノグチ ノ コネティカット ゼネラル セイメイ ホケン ガイシャ テイエン ト ユネスコ ホンブ ノ テイエン
  • Isamu Noguchi's Garden Projects, the Gardens for Connecticut General Insurance Company and the Gardens for UNESCO

この論文をさがす

抄録

イサム・ノグチ(1904_-_88)は東洋と西洋を往来し、単体彫刻のみならず空間彫刻としての庭園やランドスケープを制作した彫刻家である。1950年の来日以来、伝統的日本庭園に空間彫刻のヒントを見出し、またモダニズム建築のスケールや機能に対応する庭園=空間彫刻の模索を行った。コネティカット・ゼネラル生命保険会社庭園とユネスコ本部の庭園は、ノグチ本来の造形性と伝統的日本庭園の手法が相克または融和し、ノグチの以後の庭園制作の重要な変節点となるものである。本研究では文献調査により、これら2庭園におけるノグチの制作過程とデザイン及び伝統的日本庭園の取入れ方とモダニズム建築への対応の仕方について明らかにした。

収録刊行物

参考文献 (35)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ