[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Impact-induced vaporization and chemical reactions revealed by hypervelocity impact experiments (Special issue: Planetary impacts —the research history in Japan—)

DOI
  • Sugita S.
    東京大学地球惑星科学専攻 東京大学複雑理工学専攻
  • Kuwahara H.
    東京大学複雑理工学専攻
  • Kurosawa K.
    千葉工業大学惑星探査研究センター

Bibliographic Information

Other Title
  • 超高速衝突実験が明らかにした衝突蒸発現象・化学反応過程(特集「日本における衝突研究の軌跡」)
  • 超高速衝突実験が明らかにした衝突蒸発現象・化学反応過程
  • チョウコウソク ショウトツ ジッケン ガ アキラカ ニ シタ ショウトツ ジョウハツ ゲンショウ ・ カガク ハンノウ カテイ

Search this article

Abstract

超高速天体衝突で生じる蒸発現象は惑星大気形成にとって重要だが,ケイ酸塩岩の蒸発は10km/s超の高速度でないと高い効率で生じないため実験的研究が困難であった.しかし,この事情はレーザー銃の開発と2段式軽ガス銃の進歩によって大きく変化した.また,高速分光法および質量分析法の開発も衝突脱ガス気体の分子組成計測の実現に重要な役割を果たした.これらの実験手法の進歩は,理論計算とともに惑星大気の進化過程の理解に大きな進展をもたらした.本稿では,最近の研究によって確立した実験手法を紹介しながら,それらの実験が明らかにした衝突蒸気雲の描像と惑星大気進化への影響を解説する.

Journal

Details

  • CRID
    1390001205790230400
  • NII Article ID
    110010000404
  • NII Book ID
    AN10446455
  • DOI
    10.14909/yuseijin.24.3_181
  • ISSN
    2423897X
    0918273X
  • NDL BIB ID
    026763221
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • NDL
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top