【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

生体内分子・医薬品を用いた新たな代謝イメージング法の開発

  • 兵藤 文紀
    九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点
  • 伊藤 慎治
    九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点
  • 江藤 比奈子
    九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点
  • 中路 睦子
    九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点
  • 安川 圭司
    九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点 九州大学大学院薬学研究院
  • 小林 竜馬
    九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点
  • 内海 英雄
    九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点

書誌事項

タイトル別名
  • Development of Redox Metabolic Imaging Using Endogenous Molecules
  • Symposium Review 生体内分子・医薬品を用いた新たな代謝イメージング法の開発
  • Symposium Review セイタイナイ ブンシ ・ イヤクヒン オ モチイタ アラタ ナ タイシャ イメージングホウ ノ カイハツ

この論文をさがす

抄録

 Redox metabolism plays a central role in maintaining homeostasis in living organisms. The electron transfer system in mitochondria produces ATP via endogenous redox molecules such as flavin mononucleotide (FMN), flavin adenine dinucleotide (FAD), and coenzyme Q10 (CoQ10), which have flavin or quinone moieties. One-electron transfer reactions convert FMN, FAD, and CoQ10 to the free radical intermediates FMNH and FADH, and CoQ10H, respectively. Dynamic nuclear polarization-magnetic resonance imaging (DNP-MRI) allows us to visualize free radicals in vitro and in vivo. We present a spectroscopic imaging technology with DNP-MRI, which enables the imaging of multiple free radical intermediates such as FADH and CoQH. DNP-MRI can also identify various endogenous free radical intermediates derived from redox transformations.<br>

収録刊行物

  • 薬学雑誌

    薬学雑誌 136 (8), 1107-1114, 2016-08-01

    公益社団法人 日本薬学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (25)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ