【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

テーパ付プラグ通し試験による微量潤滑下におけるアルミニウム合金の摩擦評価

書誌事項

タイトル別名
  • Evaluation of Semidry Friction of Aluminium Alloy<br>by Tapered Plug Penetration Test
  • テーパ付プラグ通し試験による<br>微量潤滑下におけるアルミニウム合金の摩擦評価
  • テーパ ツキ プラグ トオシ シケン ニ ヨル ビリョウ ジュンカツカ ニ オケル アルミニウム ゴウキン ノ マサツ ヒョウカ

この論文をさがす

抄録

The frictional behaviour of aluminium alloy is evaluated by a tapered plug penetration test under semidry conditions. Cemented tungsten carbide (WC) plugs at room temperature are penetrated into the cylindrical hollow workpieces of aluminium alloy. A small quantity of lubricant (2.0-3.0 g · m-2) on the plug surface is effective in preventing the seizure of the workpieces. It is found that the seizure of the workpieces occurs when the inclination of the applied load exceeds a critical value, approximately 0.5 kN · mm-1. To examine the deformation behaviour of the workpieces during plug penetration, finite element simulation is carried out. From the obtained simulation and experimental results, the critical coefficient of shear friction between aluminium and WC is estimated to be about 0.3 when the seizure occurs.

収録刊行物

  • 塑性と加工

    塑性と加工 48 (561), 935-939, 2007

    一般社団法人 日本塑性加工学会

被引用文献 (2)*注記

もっと見る

参考文献 (12)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ