【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

下咽頭癌に対するTransoral Videolaryngoscopic Surgery (TOVS) の適応と限界

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • Indication and limitation of transoral videolaryngoscopic surgery for hypopharyngeal cancer

この論文をさがす

抄録

下咽頭癌に対する経口的切除の適応と限界について解説を行った.下咽頭癌に対するTOVSの適応として以下のものが挙げられる.T分類ではTis-T2,一部のT3病変,N分類ではN2までが良い適応である.局所進行癌に対しては導入化学療法とTOVSを組み合わせた治療も可能である.手術解剖から見ると腫瘍の周在性としては1/2周程度までの病変で甲状軟骨,舌骨,輪状軟骨への浸潤がないものが適応である.年齢的な限界としては80歳代でも可能な症例もあるが,嚥下障害に注意を要する.Salvage,既照射例に関してはrT2病変までであるが合併症を生じやすく適応判断および術後管理には慎重な対応が必要である.

収録刊行物

  • 口腔・咽頭科

    口腔・咽頭科 31 (1), 45-50, 2018

    日本口腔・咽頭科学会

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ