【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

河川水モニタリングにおけるGC-MS AIQS-DB法の同定定量精度の評価

DOI
  • 三保 紗織
    横浜国立大学大学院環境情報研究院/学府
  • 亀屋 隆志
    横浜国立大学大学院環境情報研究院/学府 横浜国立大学先端科学高等研究院
  • 小林 剛
    横浜国立大学大学院環境情報研究院/学府
  • 藤江 幸一
    横浜国立大学先端科学高等研究院

書誌事項

タイトル別名
  • An Assessment on Accuracy of GC-MS AIQS-DB Method in River Water Monitoring

抄録

<p>本研究では,GC-MS AIQS-DB法を用いた河川水中有害化学物質の一斉分析について,定量精度に関する四つの指標と同定精度に関する三つの指標を挙げ,定量や同定が可能な範囲と対象物質の分析精度を低下させる要因について検討した。①繰り返し分析での定量値のばらつき,②定量下限,③共存物質による定量値の変化,④固相抽出での回収率,⑤共存物質による保持時間のずれ,⑥共存物質による類似度の変化,⑦共存物質によるS/N比の変化を実測結果に基づいてランク付けして点数化した。また,定量精度に関する総合指標と同定精度に関する総合指標を作成して,化管法対象物質265種280物質に適用した。その結果,134物質はスクリーニング分析として十分な精度を有したが,105物質は定量精度の低下や同定精度の低下に関して手動での確認を行うなど留意する必要があった。本研究で作成した定量精度と同定精度の総合評価マトリクスは,精度低下の原因が意味付けられたものであり,一斉分析によって得られる大量のモニタリングデータを,検出の有無や濃度としてだけではなく,その分析精度を併せて評価することができる。</p>

収録刊行物

  • 環境科学会誌

    環境科学会誌 33 (5), 90-102, 2020-09-30

    社団法人 環境科学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1390004222629247232
  • NII論文ID
    130007919243
  • DOI
    10.11353/sesj.33.90
  • ISSN
    18845029
    09150048
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • CiNii Articles

問題の指摘

ページトップへ