【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

コ・ソ・アとi・ku・ceの感情的直示用法と間投詞的用法について

書誌事項

タイトル別名
  • コ ソ ア ト i ku ce ノ カンジョウテキチョクジヨウホウ ト カントウシテキ ヨウホウ ニ ツイテ
  • Emotive and Interjectional Uses of Demonstratives Ko/So/A in Japanese and I/Ku/Ce in Korean

この論文をさがす

抄録

本論文では韓国語と日本語の指示詞を対象に、現場指示用法が人称概念によって説明できる場面(人称区分指示)と距離概念によって説明できる場面(距離区分指示)が共存しているという立場のもと、次の点について考察した。つまり、話し手と聞き手の人称の対立の際に現れる「コ」と「ソ」の用法の中でも指示詞の感情性という側面に着目し、今まで取り扱われることの少なかった指示詞の感情的直示用法と指示詞由来の間投詞を対象にして、指示詞の人称原理がどのような形で現れるのかについて考察した。 その結果、次の事が明らかになった。まず、近称と中称、遠称の選択原理には話し手の指示対象に対する関与の度合い、心理的距離という要素が存在する、という点である。次に韓国語と日本語の指示詞の感情的直示用法と指示詞由来の間投詞の用法には共通点と違いがある、という点である。共通点としては、これらの用法の中でのコ系とソ系、i系とku系は話し手と聞き手のなわ張りをめぐって対立した関係にある。一方、ア系とce系の場合は話し手と聞き手の両者が第三者的な立場に回される指示対象について言及する際使われるので両者の対立が見られるわけではない、という点が挙げられる。次に違いとしては、両言語において中称と遠称の指示詞が罵り言葉を修飾する際は意味上の違いが生じる、という点が考えられる。

Since Sakuma (1951), Watanabe (1952), and Kamio (1990), it has been widely assumed that demonstratives in Japanese are distinguished by personal deixis, rather than by distal deixis. The demonstrative ko- is for what is directly related to the speaker, so- for what is directly related to the hearer, and a- elsewhere. Basically, demonstratives in Korean, too, have been similarly described in the light of this explanatory device, which may be called the 'personal deixis principle'.In this paper, I examine "emotive" and “interjectional" uses of these demonstratives in Japanese and Korean, and show that the same three-way distinction based on the personal deixis principle, that is, (i) closeness to the speaker, (ii) closeness to the hearer and (iii) other situations, is maintained even in these uses. The findings in this study can be summarized as follows. First, the three-way distinction of deixis of Korean and Japanese is determined by the level of involvement and psychological distance of the speaker. Second, there is a point in common and a point of difference in emotive and interjectional uses of demonstratives in Korean and Japanese. The point in common is that the opposition between Japanese ko- and so- and that between Korean i- and ku- both reflect the contrast between the territory of the speaker and that of the hearer. The difference between the two languages manifests itself when so- and a- in Japanese and ku- and ce- in Korean are used to modify "abusive words" , that is, words that imply an abusive and insulting characterization of their referents.

source:https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952232/?lang=0

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ