【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

分子標的治療薬を含むがん化学療法施行中の口腔内有害事象発症例の検討

書誌事項

タイトル別名
  • Clinical Observation of the Patients with Oral Adverse Events During Cancer Chemotherapy Including Molecular Targeted Drugs
  • ブンシ ヒョウテキ チリョウヤク オ フクム ガン カガク リョウホウ シコウ ナカノクチ クウナイ ユウガイ ジショウ ハッショウレイ ノ ケントウ

この論文をさがす

抄録

分子標的治療薬における口腔内有害事象についての詳細な報告は少ない。今回われわれは,がん化学療法中に発生した口腔内有害事象のうち,分子標的治療薬を使用していた症例について臨床的検討を行った。2007年4月から2014年3月までに口腔内有害事象にて口腔ケア外来を受診した患者のうち,分子標的治療薬を投与されていた27例 (23患者) について使用薬剤および口腔内有害事象の詳細について検討を行った。使用薬剤は低分子化合物10例,モノクローナル抗体薬17例であった。低分子化合物は全て単独使用であったが,モノクローナル抗体薬は殺細胞薬と併用されていた。口腔粘膜炎は27症例全例に認め,味覚障害は4例でみられた。全例口腔機能管理を行うことで対応可能であり治療期間の延期は認めなかった。使用薬剤のうちスニチニブ (マルチキナーゼ阻害薬) は,単独使用で口腔粘膜炎が生じており,使用前から積極的に口腔機能管理を行うことが必要であると考えられた。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ