【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

茨城県の大気及び土壌環境中で観測された福島第一原発事故由来の放射性物質

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • Radioactive nuclides in atmospheric and soil environment in Ibaraki prefecture following the accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant

抄録

福島第一原発事故直後から,茨城県内の空間放射線量率や環境試料中の放射性物質濃度を測定するなど,事故影響調査を行ってきた。そのうち本報では,大気と土壌の放射性物質濃度,及び空間線量率の推移をまとめるとともに,放射性物質の土壌への沈着・移行・減衰について,考察を行ったものである。

収録刊行物

詳細情報

  • CRID
    1390282680705751168
  • NII論文ID
    130004569259
  • DOI
    10.11561/aesj.2013s.0.645.0
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • 抄録ライセンスフラグ
    使用不可

問題の指摘

ページトップへ