【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Al–Mg合金板のプレス成形解析のための変形抵抗式の測定

  • 風岡 徹
    大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻 大学院生
  • 名取 恵子
    大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻
  • 松本 良
    大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻
  • 宇都宮 裕
    大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻

書誌事項

タイトル別名
  • Determination of flow stress equation of Al–Mg alloy for sheet metal forming analysis
  • Al-Mg ゴウキンバン ノ プレス セイケイ カイセキ ノ タメ ノ ヘンケイ テイコウシキ ノ ソクテイ

この論文をさがす

抄録

In order to improve the accuracy of forming analysis for aluminum alloys, it is important to determine precise flow stress equation for aluminum alloys. In case of 5000 series aluminum alloys, formability is difficult to predict due to non-uniform deformation such as dynamic strain aging and stretcher-strain. To identify flow stress curve of A5182-O for wider strain range, the methods using rolling-tensile test and Vickers hardness test was investigated and compared with conventional regression curve obtained by uniaxial tensile test. The three methods were assessed in prediction of neck formation. It is found that stress-strain relationship without dynamic strain aging effect is required for precise prediction of uniform elongation. Plastic instability condition was predicted more precisely by either rolling-tensile test or Vickers hardness test than by conventional tensile test.

収録刊行物

  • 軽金属

    軽金属 65 (11), 568-572, 2015

    一般社団法人 軽金属学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ