【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

油性ゲルの物性制御と化粧品への応用

書誌事項

タイトル別名
  • Physical Properties of Oily Gels and Their Application in Cosmetics
  • ユセイ ゲル ノ ブッセイ セイギョ ト ケショウヒン エ ノ オウヨウ

この論文をさがす

抄録

<p>油性ゲルは口紅,リップグロス,ペンシル状化粧品などのスティックやペースト状の油性化粧品の基剤として活用されており,ゲルの物性は製品の性能および安定性に深く関与している。本稿では,炭化水素やワックスエステルなどワックス類と糖脂肪酸エステルやヒドロキシステアリン酸などオルガノゲル化剤類の2種類に大別される化粧品用オイルゲル化剤について,そのゲル化機構を体系的に解説し,ゲル硬度やオイル保持性など油性スティックのゲル物性との関連を明らかにする。また結晶制御技術をもとに開発された,石油由来ワックスと同等のスティック化性能をもつ植物ワックスゲル(キャンデリラワックスとベヘン酸ベヘニル混合物)について紹介する。さらに,肌や唇に塗布されたゲル塗膜物性の水晶振動子マイクロバランス装置による解析結果と,ゲル化剤の種類とつや,持続性,感触などの性能との関連を説明する。</p>

収録刊行物

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (2)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ