[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Cultural difference in the relationship between internet usage and exclusive nationalism : an analysis of comparative surveys of Japan and the US

DOI HANDLE Open Access

Bibliographic Information

Other Title
  • インターネットと排外性の関連における文化差 : 日本・アメリカ比較調査の分析から
  • インターネット ト ハイガイセイ ノ カンレン ニ オケル ブンカサ : ニホン アメリカ ヒカク チョウサ ノ ブンセキ カラ

Search this article

Abstract

排外性とネットとの関連の仕方に文化差が見られるのかどうかを、本稿では、二〇〇八年に日本とアメリカで行われた比較調査を分析することによって明らかにする。まず、排外性の諸項目の平均、ネット利用と排外性との相関を分析したところ、ネット利用と排外性との間に日本とアメリカとで異なる傾向が見られた。アメリカにおいては、「ブログへのコメントの書きこみ」に典型的であるが、ネット利用が排外性を低くする傾向を有しているのに対し、日本においては「掲示板への書きこみ」に顕著であるが、ネット利用が、逆に、排外性を高める傾向を有していた。そのような傾向は、排外性の諸項目を従属変数とし、性別、学歴、職状況、世帯収入、新聞・テレピ・ネットの各メディア利用量、ネット利用を独立変数とした重回帰分析からも概ね確認できるものであった。これらの結果は、排外性とネットとの関連の仕方において、文化差が存在することを示唆している。

This paper aims to examine whether or not there is the cultural. difference in the relationship between specific types of internet usage and exclusive nationalism. I analyzed web-based comparative surveys conducted in Japan and the US in 2008 that contained questions relating to exclusive nationalism and attitudes towards immigrants. The results showed that the correlation in the US between the internet and exclusive nationalism was different from that in Japan. In the US posting comments on blogs was associated with lower scores on some aspects of exclusiveness, on the other hand in Japan posting to bulletin boards was associated with heightened exclusiveness in general. These relationships were also confirmed when controlling for other variables such as gender, education, job, household income, TV watching, and reading newspapers. These findings suggest that there is a cultural dimension in the relationship between the internet usage in this context and exclusive nationalism.

Journal

  • 年報人間科学

    年報人間科学 32 77-86, 2011-03-31

    大阪大学人間科学部社会学・人間学・人類学研究室

Details

Report a problem

Back to top