【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Effect of gold coating in quantitative EPMA : A MC study of monazite(Proceedings of the 19^<th> Symposium on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research in 2006,Part1)

この論文をさがす

抄録

第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<第1部> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

収録刊行物

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ