[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

A Study on the Trinity of Supporting-Development, Protecting-Rights and Caring in the Educational Practice

Bibliographic Information

Other Title
  • 教育実践における発達支援・権利保障・ケアリングの三位一体性に関する研究
  • キョウイク ジッセン ニ オケル ハッタツ シエン ・ ケンリ ホショウ ・ ケアリング ノ サンミイッタイセイ ニ カンスル ケンキュウ

Search this article

Abstract

教育実践は、単に子どもの発達を支援するために教え育てる機能を発揮するだけでは不十分である。同時に、子どもの発達を支援するためには、子どもの学習権を保障し、主体的な学習活動を組織し、さらに、学校・教室で起きている差別や暴力に対し子どもたちの生存権を保障する機能が発揮されなければならない。と同時に、教師と子どもの間には、相互に理解し合い、尊重し合い、安心して自己を表現できるケア的な関係がつくられるよう働きかけられなければならない。これら発達支援・権利保障・ケアリングが教育実践において三位一体的に発揮されなければならないことを、戦後の教育学研究、教育福祉論、ケアリング論の検討及び教育実践の事例研究を通して明らかにした。

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top