【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Bromocriptineにより白血球減少症及び血小板減少症をきたしたパーキンソン病の1例

書誌事項

タイトル別名
  • Bromocriptine ニ ヨリ ハッケッキュウ ゲンショウショウ オヨビ ケッショウバン ゲンショウショウ オ キタシタ パーキンソンビョウ ノ 1レイ
  • A case of Parkinson's disease associated with bromocriptine - induced leukopenia and throm-bocytopenia

この論文をさがす

抄録

症例は67歳,女性。以前からパーキンソン病にて加療されていたが,リハビリテーション目的で当院入院した.入院時白血球数,血小板数正常であったが,bromocriptine投与開始後白血球減少,血小板減少を認めた.薬剤性白血球減少症及び血小板減少症を疑い, bromocriptine投与中止するとともにfilgrastim投与により,白血球減少,血小板減少は改善した。誘発試験施行し白血球減少を認めた。Bromocriptineによる白血球減少症,血小板減少症の報告は少なく,我々の検索しえた範円内では本症例を含めて2例のみであった。Bromocriptineには安全性や神経保護作用に関して多くのデータの蓄積があるが,安全性に十分な注意が必要であると考えられた。

A 67-year-old woman had been treated for Parkinson's disease before. She was admitted to our hospital for rehabilitation. On admission the leukocyte count and the platelet count were normal. But routine blood studies began to show leukopenia and thrombocytopenia after administration of bromocriptine. We suspected drug-induced leukopenia and thrombocytopenia. After stopping bromocriptine therapy and administration of filgrastim, the leukopenia and the thrombocytopenia disappeared. She developed leukopenia again after provocation test with bromocriptine. There are few reports about bromocriptine-induced leukopenia and thrombocytopenia. To our knowledge, only 2 cases (including our case) of bromocriptine-induced leukopenia have been reported. Bromocriptine has much data about safety and neuroprotection. However, we must take care of the safety fully.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ