【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

「もんじゅ」運転再開

書誌事項

タイトル別名
  • Resumption of System Start−up Test of Prototype FBR Monju
  • 「もんじゅ」運転再開--臨界達成と炉心特性把握--炉心確認試験報告
  • モ ンジュ ウンテン サイカイ リンカイ タッセイ ト ロシン トクセイ ハアク ロシン カクニン シケン ホウコク
  • Report of Core Confirmation Test
  • 臨界達成と炉心特性把握―炉心確認試験報告

この論文をさがす

抄録

<p> 高速増殖原型炉もんじゅは2010年5月6日,14年5ヶ月ぶりに原子炉を起動して性能試験を再開し,同月8日,臨界に到達した。性能試験の第1段階である炉心確認試験は,炉心の安全性確認に係る試験や研究開発の目的で炉心およびプラントのデータを取得する試験から構成されるが,同年7月22日,全20項目の試験からなる炉心確認試験を終了した。これにより,長期停止プラントで安全に原子炉を起動して運転できること,炉心が安全上の核的制限値を満足していること,および長期停止後の再起動炉心にあっても炉物理特性が精度よく評価できることを確認した。特に,長期炉停止に伴い,燃料中のプルトニウム241の壊変により生成したアメリシウム241を炉心平均で約1.5wt%含有する炉心の炉物理特性データは,世界でも数少なく,実用化を目指した高速増殖炉の炉物理研究開発の発展にも資するものである。</p>

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ