【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

学術資料の保存・継承をテーマとした研究集会「学術野営2019 in 能登半島」に関する報告

DOI Web Site オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Report on "2019 Academic Camp in Noto" : the theme of preserving and inheriting of academic materials
  • 第24回情報知識学フォーラム予稿 学術資料の保存・継承をテーマとした研究集会「学術野営2019in能登半島」に関する報告
  • ダイ24カイ ジョウホウ チシキガク フォーラム ヨコウ ガクジュツ シリョウ ノ ホゾン ・ ケイショウ オ テーマ ト シタ ケンキュウ シュウカイ 「 ガクジュツ ヤエイ 2019in ノト ハントウ 」 ニ カンスル ホウコク

この論文をさがす

抄録

<p> 日本国内には,多種多様な歴史資料が現存し,それらは学術研究資料だけでなく,社会的な振興・発展への文化資源としても注目される.今後,地域の学術資料と関連する専門家の役割は重要である.一方,学術資料の保存・継承に関しては,自然災害による’突発的な資料喪失’と,人口減少などによる’緩やかな資料喪失’への対応が喫緊の課題である.これらから合同会社AMANEでは,国立歴史民俗博物館などと地域の学術資料の保存・継承・利活用をテーマとした「学術野営2019 in 能登半島」を開催した.本発表では,学術野営2019の論点および成果を紹介し,多様な分野・立場の専門家が社会的な課題を共有して実践的な議論を行う研究集会に関する基礎的な考察を行う.</p>

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ