[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

What kinds of entities can demonstrative pronouns refer to?

Bibliographic Information

Other Title
  • コソアド代名詞はどんなものをさしうるか : 直接的な用法のばあい

Abstract

国立国語研究所

国立国語研究所

(1)日本語の指示代名詞には,主としてものをさすコレ,ソレ,アレ,ひとやものをさすコイツ,ソイツ,アイツ,主として場所をさすココ,ソコ,アソコ,主として方向をさすコチラ,ソチラ,アチラなどがあって,それらの語頭音節コ一,ソ一,ア一に注目してまとめると,システムをなしている。そのシステムはさらに指示的な形容詞(いわゆる連体詞),副詞にもひろがっていて,これらの指示語の全体系はコソアドとよばれている。(2)このシステムは,従来,コ系,ソ系,ア系が話し手と聞き手によってつくられる場のなかで,どのような緊張関係をもち,どのようにさしわけられるか,という面から研究されてきた。しかし,コレ,ソレ,アレがなにをさし,ココ,ソコ,アソコがなにをさすかといった語尾形式の共通性とさすものの関係に注目した研究はなかった。(3)本研究は,一レ系,一イツ系,一コ系,一チラ系が,どのような存在論的なカテゴリーをさすのにつかわれているかについて,おもにシナリオを材料にしてこまかくしらべたものである。(4)調査の結果,カテゴリーの基本的な分担がかなりあきらかになり,また,さし方やコ・ソ・アのちがいなどの条件で変化が生じることもわかった。この研究は,名詞のカテゴリカルな分類にも寄与することになるだろう。

Demonstrative pronouns in Japanese include the following four groups: (i) kore, sore and are (mainly for things); (ii) koitsu, soitsu and aitsu (for humans or things) ; (iii) koko, soko and asoko (mainly for places) ; and (iv) kochira, sochira and achira (mainly for directions). These groups can be cross-classified into the following 2 sets of series: (i) ko-, so- and a-series, based on the word-initial syllables, and (ii) -re, -itsu, -ko and -chira series, based on the word-final segments. In contrast to previous studies which only looked at the differences among the series of the first set, the present work examines the differences among the series of the second set in movie scripts. We elucidated the primary referents for each series and also the conditions that affect them. This research also contributes towards a categorical classification of nouns.

17の書名 : 国立国語研究所研究報告集

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top