[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

症例報告 変形性股関節症に対する運動戦略を考慮した1症例

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • 変形性股関節症に対する運動戦略を考慮した1 症例
  • ショウレイ ホウコク ヘンケイセイ コ カンセツショウ ニ タイスル ウンドウ センリャク オ コウリョ シタ 1 ショウレイ

Search this article

Abstract

<p>日本で起こる変形性股関節症の80 ~ 90%は二次的に起こる変形性関節症である.今回の症例は変形性股関節症と診断され,歩行時に痛みを訴える症例である.今回着目している点は姿勢制御戦略と股関節の安定化である.股関節制御,足関節制御がNasher らによって言われ,知られているが,股関節の機能が破綻した状態ではどのように制御行うかを考えた.また,股関節の安定化は臼蓋と骨頭の適合性が重要であった.適合性を高めるの必要なのは大気圧と関節腔内の陰圧関係,靭帯,関節唇の作用,筋肉の作用であり,特に理学療法士としてコントロールできる筋にアプローチした結果,歩行時痛の軽減に至った症例であった.</p>

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top