[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

自己相似性に基づく高時間分解能映像の生成

Bibliographic Information

Other Title
  • ジコ ソウジセイ ニ モトズク コウジカン ブンカイノウ エイゾウ ノ セイセイ
  • Video temporal super-resolution based on self-similarity
  • 画像の認識・理解論文特集
  • ガゾウ ノ ニンシキ リカイ ロンブン トクシュウ

Search this article

Abstract

本論文では,映像における自己相似性を利用することにより,一つの入力映像から,1フレームを時間方向に分解して露光時間を短くし,フレームレートを増加する高時間分解能化手法を提案する.本来,同一の低時間分解能フレームを構域できる複数の高時間分解能フレームの組合せは無数に存在する.この不良設定問題を解くため,我々の手法では,映像の自己相似性,すなわち,露光時間中の物体の動き情報を含む「見え」が異なる時間分解能映像間では相似になることを利用し,高時間分解能の見えを復元する.従来のフレーム補間によるフレームレート変換手法とは異なり,例えば,低時間分解能の1フレームをその半分の露光時間をもつ2フレームに分解する高時間分解能化を実現する.実映像を用いた実験から,入力映像との整合性を保ちつつ,画質改善された高時間分解能映像を復元できることを確認した.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(14)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

  • CRID
    1520572357637329920
  • NII Article ID
    110008686488
  • NII Book ID
    AA12099634
  • ISSN
    18804535
  • NDL BIB ID
    11198042
  • Web Site
    http://id.ndl.go.jp/bib/11198042
  • Text Lang
    ja
  • NDL Source Classification
    • ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • Data Source
    • NDL
    • CiNii Articles

Report a problem

Back to top