[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

効率よく検証可能な知識のゼロ知識証明

Bibliographic Information

Other Title
  • An efficiently-verifiable zero-knowledge argument for proofs of knowledge
  • efficiently verifiable zero knowledge argument for proofs of knowledge

Search this article

Abstract

本論文では, 通信量及び検証者の記憶領域と計算量を, 知識の量に比べて非常に小さくできる知識のゼロ知識対話証明を提案する.このようなプロトコルは, 通常のブラックボックスシミュレーションでは構成することが非常に困難と思われる.Dangardは文献[4]でDiffie-Hellman仮定に関係したある非標準的計算量仮定を導入したが, 羽田と田中は文献[8]で, その仮定を用いた非ブラックボックスシミュレーションの三交信のゼロ知識証明を提案した.(最近BellareとPalacioは, 別の非標準的計算量仮定を導入することで証明を修正した[2]).本論文では, 文献[2], [4], [8]に現れる仮定に類似する非標準的計算量仮定を導入することで, 上記の効率の良い性質を持つ, 弱い仮定に基づく五交信のプロトコルと, 強い仮定に基づく三交信のプロトコルを提示する.提案プロトコルの健全性とゼロ知識性は, 非ブラックボックス的手法によって証明される.

Journal

  • Technical report of IEICE. ISEC

    Technical report of IEICE. ISEC 105 (194), 41-45, 2005-07-15

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Citations (0)*help

See more

References(9)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top