【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

公開鍵暗号の安全性を効率良く向上させる方法について

書誌事項

タイトル別名
  • How to Enhance the Security of Public-Key Encryption at Minimum Cost

この論文をさがす

抄録

本論文では、受動的攻撃に対し安全性が保証されているような確率暗号一般を、ランダムオラクルモデルのもとで、能動的攻撃に対しても安全性が保証されるものに変換する方式を提案する。この変換された暗号方式は、ランダムオラクルをSHA-1やMD5のような既存のハッシュ関数で代用させた場合、基となる方式に比べて、ハッシュ関数一回の手間を増やすだけで実現される。また、いわゆる「Exact Security」モデルにおいて、安全性の評価の上で、非常に効率の良い還元が存在する。本稿の最後には、既に受動的攻撃に対し安全性が保証されている確率暗号方式、ElGamal、Blum-Goldwasser、岡本-内山方式など[4, 7, 9]にこの変換を施した例を記載する。
This paper presents a simple and efficient conversion from a semantically secure public-key encryption scheme against passive adversaries to a non-malleable (or semantically secure) public-key encryption scheme against adaptive chosen-ciphertext attacks (active adversaries) in the random oracle model. Since our conversion requires only one random (hash) function operation, the converted scheme is almost as efficient as the original one, when the random function is replaced by a practical hash function such as SHA-1 and MD5. We also give a concrete analysis of the reduction for proving its security, and show that our security reduction is (almost) optimally efficient. Finally this paper gives some practical examples of applying this conversion to some practical and semantically secure encryption schemes such as the ElGamal, Blum-Goldwasser and Okamoto-Uchiyama schemes [4, 7, 9].

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (11)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1572261552246492928
  • NII論文ID
    110003297376
  • NII書誌ID
    AN10060811
  • 本文言語コード
    en
  • データソース種別
    • CiNii Articles

問題の指摘

ページトップへ