[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

台湾及びフィリピン産Lobelia nummularia(キキョウ科)の染色体について

Bibliographic Information

Other Title
  • Chromosome number of Lobelia nummularia (Campanulaceae) in Taiwan and the Philippines

Search this article

Abstract

台湾産及びフィリピン産Lobelia nummularia計8個体において、アセトオルセイン染色法により体細胞中期の染色体を観察した。8個体全てにおいて染色体数は2n=28で、2個の付随体が観察された。算定された染色体数は過去にHsu(1964)により報告された2n=16とは異なった。一方、Lammers(1993)により提唱された本属の基本数x=7を支持する結果となった。これらの個体はL. angulataと取り扱われることもあるが、その場合でも4倍体は初めての報告である。

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top