CiNii Research is now available on the production

肉用牛の家畜福祉

Search this article

Abstract

畜産は家畜を飼養し、その生産物を人々に提供する生業・産業であり、最終的には屠畜という行為を介して人々に畜産物を提供している。「人は家畜を育み、家畜は人の生命を維持し、人の子孫を残す」という家畜と人の命の循環が成立している。この営みは、将来にわたっても続き、21世紀は、このような生命の循環の持続性が大切となっている。畜産業が主体の欧米諸国では、環境と調和した持続可能な畜産の基本的枠組みについて、さまざまな視点から検討されており、その一つとして、「Animal Welfare」が注目されている。「Animal Welfare」は動物福祉や家畜福祉と和訳されているが、この和訳では「Animal Welfare」の本来の概念である「幸福」や「よく生きること」が欠落し、誤解を生ずるおそれがあると指摘されている。本稿では、肉用牛のいくつかの生産技術について、「アニマルウエルフェア」との関連で考察したい。

identifier:752042

identifier:ZZ00013955

Journal

Citations (0)

See more

References(0)

See more

Articles

See more

Research Data

See more

Books

See more

Dissertations

See more

Research Projects

See more

Products

See more

Details

Back to top