[Updated on July 12] Integration of CiNii Articles into CiNii Research from April 1, 2022

一季成り性種子繁殖型イチゴ品種「千葉F-1号」の栽培法(1)

Bibliographic Information

Other Title
  • 花成誘導処理に感応する発育ステージ

Search this article

Abstract

type:論文

一季成り性種子繁殖型品種「千葉F-1号」において花成誘導処理に安定して感応する発育ステージを明らかにした。1. 本葉9枚以上,クラウン径6mm以上の全株で,夜冷短日処理による花成誘導効果が認められた。2. 1穴当たり容積23~70mLのセルトレイで育苗した本葉6.8~7.0枚,クラウン径3.6~4.2mmの苗に夜冷短日処理を行ったところ,花成誘導株率は17%以下で,培養土量による明らかな差が認められなかった。3. 自然日長下で栽培した場合,8月20日に本葉9枚以上で,かつクラウン径6mm以上の発育ステージに達した株は,本葉9枚未満またはクラウン径6mm未満の株と比べ,平均出蕾日が29日早くなり,そのばらつきも少なかった。

identifier:870654

identifier:ZZ20036927

Journal

Citations (0)

See more

References(0)

See more

Articles

See more

Research Data

See more

Books

See more

Dissertations

See more

Research Projects

See more

Products

See more

Details

Back to top