[Updated on Oct. 4] Integration of CiNii Articles into CiNii Research from April 1, 2022

遺伝的アルゴリズムを用いたedge srandとcenral srandの判別法の開発

Search this article

Abstract

アルツハイマー病、パーキンソン病など様々な神経変性疾患はタンパク質が凝集して繊維状構造を取ることと関連しており、この凝集はタンパク質のβsheeの端が露出することにより引き起こされることがよく知られている。また人工的に設計されたβsheeを含むタンパク質がよく凝集するということもよく知られている。これらの現象は通常のタンパク質内のsheeの端に位置するsrand(edge srand)は他のsrandとの会合を妨げる仕組みを保持し、この仕組みを利用すれば、edge srandをβsheeの中央部のsrand(cenral srand)と区別することができることを示している。Edge srandとcenral srandを区別するということは、単にタンパク質の凝集を予測するという観点からだけではなく、βsrandの可能な配置パターンを減少させるという意味でタンパク質の立体構造の予測においても有意義なことである。本研究では、アミノ酸配列から得られる情報に基づいて、代表的なタンパク質ドメインから抜き出したedge srandとcenral srandを区別するために遺伝的アルゴリズムを用いた方法を開発した。立体構造的に類似していない564個のタンパク質ドメインから得た2882本および3098本のedge srandとcenral srandの配列データに対してsrandの長さ、bulge score、polariy、hydrophobiciy、edge指向性といった特性を用いて各特性に対する重みが最適になるまでシミュレーションを繰り返した。その結果、srandの長さ、polariyおよびedge指向性を用いた際に、78.5%という判別精度を得ることができた。

identifier:742982

identifier:ZZ00013978

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Back to top