[Updated on July 12] Integration of CiNii Articles into CiNii Research from April 1, 2022

糖質関連酵素の革新的な利用技術・改変技術の開発に関する研究

Search this article

Abstract

type:総説

糖質関連分野では,酵素を利用し各種の糖質を生産している。これまで自然界から酵素を探索してきたが,必要な特性の酵素を見つけ出すのは容易ではない。そこで,酵素を遺伝子レベルで改変する技術を開発した。簡便に遺伝子にランダム変異を導入するRAISE法を確立した。さらに,遺伝子を大きく変異する手法を検討し,置換部位の特定方法,任意部位で置換する手法を開発し,β-グルコシダーゼ,キシラナーゼ等の酵素に適用し100を超える部分置換酵素(キメラ酵素)を構築し,分子活性を低下させることなく基質特異性を改変したり,熱安定性を向上させることに成功した。本手法は酵素の立体構造情報が得られない場合であっても,分子交配的に利用できる技術であることを明らかにした。また,改変遺伝子ではフォールディング能が失われ,封入体として得られる場合が少なくない。そこで,界面活性剤と包接多糖類を組み合わせた迅速リフォールディング系を開発した。

identifier:831906

identifier:ZZ20039427

Journal

Citations (0)

See more

References(0)

See more

Articles

See more

Research Data

See more

Books

See more

Dissertations

See more

Research Projects

See more

Products

See more

Details

Back to top