[Updated on Oct. 4] Integration of CiNii Articles into CiNii Research from April 1, 2022

学級活動の研究(各教科等の研究)

Search this article

Abstract

本研究では、「他者理解と自己主張のバランスを考えながら合意形成を図り、仲間と共に活動を創りあげる子ども」を目指す。これは、他者の考えを理解した上で、自分の主張と比較・検討し、自他にとって妥当な解決方法を見出していく子どもである。このような子どもは、多様な価値観や考え方をもつ仲間と協力し、願いを具現していく中で互いのつながりを深めていく。バランスのよい合意形成のために着目したのが、「問題状況の自己化」と「問題点の絞り込み」である。これらの働きかけをもとに、互いの考えのよさへの着目や生活体験の振り返りを促すことで、子どもたちは、互いの主張を聴き合い、歩み寄りの道を探していく。本研究では、生活上の諸問題に対する当事者意識をもち、自己肯定感を高めると共に仲間の考えへの理解を深めながら、仲間と共に活動を創りあげていく子どもの姿を求めた。

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Back to top