【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ATl receptor antagonist restores cardiac ryanodine receptor function, rendering isoproterenol-induced failing heart less susceptible to Ca2+ -leak induced by oxidative stress.

書誌事項

タイトル
ATl receptor antagonist restores cardiac ryanodine receptor function, rendering isoproterenol-induced failing heart less susceptible to Ca2+ -leak induced by oxidative stress.
著者
Takahiro Tokuhisa

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010000781985179266
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ