CiNii Researchの本公開について

Mutations in the lipid A deacylase PagL which release the enzyme from its latency affect the ability of PagL to interact with lipopolysaccharide in Salmonella enterica serovar Typhimurium.

書誌事項

タイトル
Mutations in the lipid A deacylase PagL which release the enzyme from its latency affect the ability of PagL to interact with lipopolysaccharide in Salmonella enterica serovar Typhimurium.
著者
Takayuki Manabe, Miyuki Kawano, Kiyoshi Kawasaki

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010000782047110145
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ