【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

High-resolution whole genome tiling path array CGH analysis of CD34^+ cells from patients with low-risk myelodysplastic syndromes reveals cryptic copy number alterations and predicts overall and leukemia-free survival.

書誌事項

タイトル
High-resolution whole genome tiling path array CGH analysis of CD34^+ cells from patients with low-risk myelodysplastic syndromes reveals cryptic copy number alterations and predicts overall and leukemia-free survival.
著者
Starczynowski DT, Vercauteren S, Telenius A, Sung S, Tohyama K, Brooks-Wilson A, Spinelli JJ, Eaves CJ, Eaves AC, Horsman DE, Lam WL, Karsan A

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010000782048069254
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ