【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

[英名]Sex- and species-differences on xenobiotic-induced toxicity : differences in constitutive and xenobiotic-mediated expression of cytochrome P450 1A subfamily enzymes(CYP1As).[和名]化学物質の毒性発現における種差・性差の解析:シトクロムP450 1Aサブファミリー分子種(CYP1As)の発現変動における相違を指標として

書誌事項

タイトル
[英名]Sex- and species-differences on xenobiotic-induced toxicity : differences in constitutive and xenobiotic-mediated expression of cytochrome P450 1A subfamily enzymes(CYP1As).[和名]化学物質の毒性発現における種差・性差の解析:シトクロムP450 1Aサブファミリー分子種(CYP1As)の発現変動における相違を指標として
著者
Masashi Sekimoto

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010000782096967558
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ