【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

江戸後期の渡来唐桟布(とうざんふ)に用いられた橙色染色剤・Pb_2CrO_5の微細構造:Nanostructure of Orange Dyestuff Compound Pb_2CrO_5 inCotton Fiber Used for Touzan Fabric Imported in Late Edo Period

書誌事項

タイトル
江戸後期の渡来唐桟布(とうざんふ)に用いられた橙色染色剤・Pb_2CrO_5の微細構造:Nanostructure of Orange Dyestuff Compound Pb_2CrO_5 inCotton Fiber Used for Touzan Fabric Imported in Late Edo Period
著者
杉岡奈穂子, 北田正弘

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010000782454891785
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ