【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

相続税対策としてデット・エクイティ・スワップを実施することによって課税を受けるリスクが生ずることについて税理士法人の説明義務違反等が認められた事例(東京地判平成28年5月30日判タ1439号233頁)

書誌事項

タイトル
相続税対策としてデット・エクイティ・スワップを実施することによって課税を受けるリスクが生ずることについて税理士法人の説明義務違反等が認められた事例(東京地判平成28年5月30日判タ1439号233頁)
著者
松嶋隆弘

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010003825582555012
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ