【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Comparative phenotypic resolution of spontaneous, D2-like and D1-1ike agonist-induced orofacial movement topographies in congenic mutants with dopamine D2 vs. D3 receptor "knockout".

書誌事項

タイトル
Comparative phenotypic resolution of spontaneous, D2-like and D1-1ike agonist-induced orofacial movement topographies in congenic mutants with dopamine D2 vs. D3 receptor "knockout".
著者
Tomiyama, K., McNamara, F.N., Clifford, J.J., Kinsella, A., Drago, J., Fuchs, S., Grandy, D.K., Low, M.J., Rubinstein, M., Tighe, O., Croke, D.T., Koshikawa, N., Waddington, J.L.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010282256758524417
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ