【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

電磁方程式直接差分解法による光散乱予測を利用した光学粒子計測に関わる現象の検討(多重散乱と散乱体の三次元性が回折に及ぽす影響)

書誌事項

タイトル
電磁方程式直接差分解法による光散乱予測を利用した光学粒子計測に関わる現象の検討(多重散乱と散乱体の三次元性が回折に及ぽす影響)
著者
岡本達幸, 中嶋紀彦, 島崎泰二, 小原義隆, 高城敏美

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010282256781977858
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ